ENJOYMENTごちそうを楽しむために

「世界5大ウイスキー」とは?

ドラマ「マッサン」を機に盛り上がりを見せる『ウイスキー』の世界。そんな『ウイスキー』も産地別に「世界5大ウイスキー」なるものが存在するのをご存知ですか?

アイリッシュウイスキー

まず「ウイスキーの元祖」と言われているのが「アイリッシュウイスキー」。世界のセレブの支持もあって爆発的に人気が出ており、スモーキーフレーバー(煙臭さ)が無く、まろやかな風味とトロリとした舌触りが魅力です。

スコッチウイスキー

100を超えるウイスキー蒸留所があるスコットランドはまさにウイスキーの絶対的王者とも言える産地で、個性的な味わいが魅力のモルトウイスキーと、複雑な香りと味わいが魅力のブレンデッドウイスキーがあり、特有のスモーキーフレーバーもスコッチならではの魅力の一つです。

アメリカンウイスキー

「バーボン」を有する「アメリカンウイスキー」。スコットランドやアイルランドからの移民を始祖として新大陸で独自の発展を遂げた「アメリカンウイスキー」は、トウモロコシを主原料に内側を焦がした樽での熟成による独特の濃い色味、力強く甘い味わい、豊かな香りが魅力です。

カナディアンウイスキー

18世紀末のアメリカ独立戦争当時、アメリカから現在のカナダ領へのイギリス王党派の移民が始祖とされる「カナディアンウイスキー」。5大ウイスキーの中で最も軽くクセの無いフレーバーが魅力です。

ジャパニーズウイスキー

最後にドラマ「マッサン」のモデルともなった竹鶴政孝がスコットランドでウイスキー造りを学んだことから、スコッチウイスキーの伝統製法に流れを汲む「ジャパニーズウイスキー」。ただしスモーキーフレーバーはスコッチウイスキーに比べると控えめなことが多く、穏やかな香味とバランスの良さ、まろやかなコクが魅力です。

『ウイスキー』と一言で言ってもその魅力は様々。それぞれの魅力を楽しみながらその歴史や伝統に想いを馳せてみるのもまた一興。あなたも今夜「世界5大ウイスキーの旅」に出てみては?

ENJOYMENT一覧はこちら